一部を除いて事業目的では銀行カードローンを利用することができない

安倍首相が政策するアベノミクス経済政策の効果もあり、近年、自動車製造業などを中心に業績が順調に回復しているものとされています。

しかし、こうした業績が回復している企業は、まだごく一部の大手企業のみとなっており、家電業界では新興国との価格競争などで依然として厳しい状況が続いています。

特に中小企業においては、親企業や大手企業からの厳しいコストダウンを迫られており、生産しても利益を出せないでいる中小企業が多くあることも事実となっており、アベノミクス効果を支え犠牲となっているのが、日本の企業の7割以上を占める中小企業となっているのです。

中小企業の多くは、自己資本比率が非常に低いうえに、不動産担保も少ないために設備投資や商品開発どころか生産するための材料を調達するための資金のやり繰りに苦慮するものとなっています。

また、中小企業の多くは、資本金や知名度などでの信用力が弱いため銀行からの融資も厳しいものとなっているため、一時的な繋ぎ資金の調達が困難となり倒産に追い込まれることも少なくはありません。

現在のところ銀行カードローンとしては、個人向けのみとなっており、事業目的では銀行カードローンを利用することができません。

しかし、事業者向けローンのパイオニアである、シンキやビジネクストでは事業者向けのカードローンを展開しており、1000万円の利用限度額までカードローンで必要な事業資金を調達できるようになっています。

このページの先頭へ