学生でも利用することが出来る銀行カードローンが一部にある

近年の大学生や専修学校の学生の暮らしぶりにおいて、大きく様変わりしているものとなっています。

現在の日本の法律では、18歳以上の年齢になると自動車の運転免許を取得することができるようになっています。

現代の若者の自動車離れが進んでいると懸念されていますが、自動車免許の取得に関しては18歳で免許を取得する人の割合が半数となっています。

実際に、就職して自分で収入を得ている人を除き、大学や専修学校に通う学生の7割が自動車を所有していることが分かっています。

しかし、下宿などで暮らす学生の部屋を見てみると、テレビやオーディオ、パソコンなどの家電製品が取り揃えられているだけでなく、キッチン、バス・トイレ付と言うものになっています。

一昔の昭和30年代の下宿する学生の部屋と言えば、トイレや洗面は共同で風呂は銭湯に通うものが定番でした。

また、学用品以外はほとんど家電製品は無いのが当たり前の時代と比べるし、かなり贅沢な暮らしになっているかが分かります。

しかし、生活スタイルが一般的な社会人と同じ暮らしをする学生においては、金銭的に厳しいものとなり、カードローンなどによる一時的にお金を借りることも必要となっています。

学生専用のカードローンとしては、大学の近隣に店を構えている小規模の消費者金融が低金利でのカードローンを展開していますが、銀行カードローンに関しては三菱東京UFJ銀行カードローンであれば、学生でもアルバイトなどの収入があればカードローンを利用することが出来ます。

このページの先頭へ