銀行カードローンだと専業主婦でも融資を受けられる場合がある

今回の安倍首相による内閣改造でも見られたように、多くの女性を閣僚に入閣、女性の社会進出を一掃に進めるものとなっています。

また、アベノミクス経済政策の一環で、女性の社会浸出を促すために、これまであった扶養者控除の適用を段階的に撤廃する方向で調整されており、将来的には専業主婦などの仕事に就いていない主婦においても、給与所得者の所得控除の対象にならなくなってしまいます。

こうしたことは、女性の中でも主婦層に対しての社会進出を特に促す施策となっており、パートや内職などに就く主婦が増えるものとなっています。

専業主婦として、困ることの一つとして自分自身での収入がないため、消費者金融のキャッシングやカードローンが利用出来ないものとなっています。

このため、夫が単身赴任や長期出張の時に急な出費が発生しても、お金を借りることが出来ず、困る主婦も多いのではないでしょうか。

三菱東京UFJ銀行カードローンでは、配偶者の承諾書があれば主婦名義での銀行カードローンを持つことが出来るようになっていますが、返済口座は配偶者名義の口座となってしまいます。

また、三菱東京UFJ銀行カードローンでは、主婦の人でもパートや内職などで収入がある場合は、収入に応じた限度額の銀行カードローンを自分名義で作ることができるようなになっています。

他にも、イオン銀行では、専業主婦で自らの収入がない場合においても、限度額30万円までの銀行カードローンを利用することが出来るようになっています。

このページの先頭へ