銀行カードローンのメリットは金利が低いこと

消費者金融のキャッシングの利用をためらう人の中には、比較的簡単にお金が借りられる反面、金利が高く返済利息が膨れ上がることを懸念する人が多くあるようです。

現在は、貸金業法により上限利息が20%までと決められていますので、サラ金時代の過去のように100%を超えるような異常な金利設定はできないようになっています。

しかし、消費者金融のキャッシング金利は、低いものでも15%前後で高いものになると制限ぎりぎりの20%の金利が設定されていますので、高い金利には違いありません。

消費者金融のキャッシング金利が高いのは、消費者金融業者の資金力が低いことと、無担保・無保証人でお金を貸すために貸し倒れなどのリスクを考慮したものとなっています。

近年銀行カードローンのCMなどでは金利4%から利用可能などとPRされています。

カードローンのようにキャッシングと同じ無担保・無保証で利用できる融資としては、これまで似なかった低金利でお金を借りることができるサービスとなっています。

たとえば、住宅ローンのように担保や保証人が必要な融資の金利においてさえも固定金利で4%台となっていますので、如何にカードローンの4%という金利が低いかものであるかが理解できるのではないでしょうか。

審査に時間がかかる自動車ローンではなく銀行カードローンで車を購入するケースが増えていると言いますが、このような金利の状況を見るとなるほどと頷けるものがあります。

キャッシングやカードローンなどでお金を借りる時において、借りる業者を選ぶときの目安として、知名度やサービスの良さも重要ですが、金利が少しでも低い業者を選ぶことが後々の返済する自分に大きく影響するものとなっています。

このページの先頭へ