銀行カードローンは高額のキャッシングができる

一般的に消費者金融のキャッシングを利用してお金を借りる場合、借入できる最高額としては100万円までで、最も多い額としては50万円未満の貸付となっています。

キャッシングなどの個人向けの小口融資としては、貸金業法などにより貸付額の制限は設けられていませんが、無担保・無保証で貸し付けを行うのには100万円以上の高額融資は、貸す側に大きなリスクを伴ってしまいます。

このため、高額のお金を借りる場合は複数の消費者金融からお金を借りる必要がでてしまうことと、貸金業法の総量規制の制限を受けてしまうこともあり、高額のキャッシングは通常の場合困難なものとなっています。

金融規制緩和が敷かれたことで、個人向けの小口融資に銀行だけでなく流通業界などの他の業界から多くの業者が参入すること、カードローンにおけるサービス競争が激化することになりました。

カードローンの利用限度額は、消費者金融で100万から300万となっていますが銀行カードローンになると500万や中には800万円の高額キャッシングができるカードローンとなっています。

銀行カードローンの高額キャッシングの背景としては、小口で貸し付けするよりも高額な貸し付けのほうが利息面などで効率がよく、収益性が高くなるという事情があり、各銀行でも軒並み高額な利用限度額のカードローンが多くなっています。

また、銀行やスーパー系のカードローンでは貸金業法の総量規制の適用を受けることはありませんので、このような高額なキャッシングができるようになっています。

このページの先頭へ