住信SBIネット銀行のカードローンの特徴は金利が低いこと

住信SBIネット銀行カードローンは、住信SBIホールディングスがサービスするインターネット専用の銀行カードローンとなっています。

住信SBIホールディングスは、現在の三井住友銀行が合併する前の住友銀行ネット専用の銀行カードローンサービスとして展開していたものですが、三井銀行と住友銀行が合併を機に三井住友銀行として銀行カードローンの窓口サービスを始めることになったため、SBIホールディングスに銀行カードローンサービスを譲渡したものとなっています。

住信SBIネット銀行は、インターネット専用のネット銀行となっていますので、パソコンとインターネットができる環境が必要となってきます。

住信SBIネット銀行カードローンは、プレミアムコースとスタンダードコースの2種類のカードローンサービスが展開されています。

プレミアムコースとスタンダードコースの違いは、利用限度額の違いによるものとなっています。

住信SBIネット銀行カードローンのプレミアムコースは、最高額の700万円までの借り入れが出来るほか、10万円単位で利用額の設定ができるねりとなっています。

さらには、プレミアムコースの金利は、銀行系カードローンとしては最低の3.8%の低金利で利用できるようになっています。

ただ、プレミアムコースの場合、収入による利用制限が厳しいため、アルバイトなど定職を持っていない人は、スタンダードコースを選ぶことが出来るようになっています。

また、スタンダーコースは、貸金業法の総量規制の対象となっていませんので収入の制約を避けることができます。

住信SBIネット銀行のカードローンの特徴はなんと言っても金利が低いことで、限度額300万円までなら原則として収入証明が不要であることも利用しやすさに貢献しています。

このページの先頭へ