利用限度額が30万円であれば専業主婦でもカードローンの契約ができる

イオン銀行のカードローンは、流通業界最大手のイオン直営のイオン銀行かサービスを行うカードローンとなっています。

ネット銀行は、一般的に店舗を持たず全てインターネットを利用して取り引きするものとなっています。

近年、スマートフォーンやタブレット端末が普及したこのご時世であればだれでもインターネットくらいは使えるのが当たりまえと考えがちですが、中にはこうしたまだまだネットでの手続き等が苦手だという人も数多くいます。

そこで、イオンでは、イオンのスーパーやイオンの大型ショッピングセンターに、イオン銀行の窓口を配置して営業店舗として各種金融サービスを行っています。

また、イオン銀行カードローンは、基本的には一般個人向けとなっていますが、イオンで一番買い物をする主婦層や女性をターゲットにしたサービスについても注力しているようです。

イオン銀行カードローンがインタへネットだけでなく、イオンの店舗での利用ができるようにした背景にも、女性に対するサービスを充実、拡大したいという意図がうかがわれます。

一般的なカードローンの場合、専業主婦など自らの収入がない人だとカードローンを利用することは困難とされていますが、イオン銀行カードローンは、利用限度額が30万円であれば、専業主婦でもカードローンの契約ができるものとなっています。

決められた限度額までなら、必要な金額をいつでも何度でも借入れでき、手数料0円のイオン銀行ATM、コンビニATM、提携金融機関ATMでも利用できるので、かなり使いやすいカードローンだと思います。

さらには、配偶者の承認があれば利用限度額500万円まで利用できるようになっていますので、イオンを利用する女性にはありがたいものとなっています。

イオン銀行カードローンでは、疑問や不安なことも窓口で相談に応じてもらえますので安心して利用することができます。

さて、イオン銀行の場合も当然ながら車を購入する場合の専用ローンが用意されています。

具体的には「ネットフリーローン カーライフプラン」という名称のローンで、例えば200万円借り入れの場合の金利は4.8%と、カードローンやフリーローンの金利から見るとかなり低くなっています。

このネットフリーローン カーライフプランの特徴は、原則として300万円の借り入れまでは収入証明書の提示が不要になっていることです。

また「ネットフリーローン」と言うくらいですから、イオン銀行のホームページから申し込むと手続きに必要な書類等が郵送され、それらに必要な事項の記入、押印などをして返信すれば借り入れが出来るというスタイルになっていて、銀行のカーローンとしてはかなりお手軽になっています。

300万円といえばミドルクラスの車種でも手が届く金額です。

これを見ると、地方銀行などの自動車ローンの審査が通らないからといって銀行カードローンに安易に頼るのはちょっと考えものだなという気がします。

自動車ローンで車を買おうとする場合は、まずは銀行系の自動車ローンでイオンのカーローンのようなハードルの低いタイプのものを探して申し込んだ方が得策のようですね。

このページの先頭へ